So-net無料ブログ作成
検索選択

どーも

ハロウィンが終わり、町では気の早いクリスマスソングが聞こえ始め、ボジョレヌーヴォの解禁も迫っている中、こちらは6月の話をまだ書き終えていない…
今回もまたもやハンブルグでの「本番」の話を飛ばすことになるのだけれど…

このブログで中村千尋さんのことは書いていなかったけれど、彼女の1stアルバム「どーも中村です。」レコ発ライブに訪れることが叶ったので書き留めておこう。
彼女の歌に出会ったのは、まだ郡山勤務だった頃のこと。
東京へ帰るべく郡山駅にタクシーで到着し、新幹線に乗るまでに時間に余裕が有ったので食事をしようかと町へ戻った時、歌声が聞こえた。
そのキュートな歌声が気になり、通りの向かい側へ目をやると、路上ライブをやっていた。
食事はさておき向かい側に渡ると、そこで歌っていたのが彼女だった。
飾らないメロディー、飾らない言葉、飾らない歌声、それでいて彼女の歌はとても印象的で、自分はその場で足を留めた。
訊けば、彼女はシンガーソングライターで「おもて」「うら」という対を成す2タイトルのCDリリース記念の全国路上ライブツアーの最中だという。
そして、活動拠点は東京だと。
東京にいる時間が少ない自分だけれど、彼女の歌をまた聴ける機会が訪れるであろうことが嬉しかった。
勿論、その日自分は2枚のCDを手に東京に戻った。
中村千尋DSC_0076web.jpg

その後彼女が各地で路上ライブを行っている様子は動画配信サイトで知っていたけれど、次に彼女が歌う現場に訪れたのは9月、今回のアルバムの先行シングル「友達」発売記念の路上ライブまで待つことになった。
印象的だったのは、オーディエンスの層の厚さだった。
高校生、女性の多さが路上ライブを精力的に行うことで着実にファンを増やして来たことを物語っていた。
そしてようやく彼女の箱ライブを聴くことが叶ったのが、今回のレコ発となった。

客席を埋めるオーディエンスはやはり女性が多く、このライブを楽しみにして集まった様子が伺えた。
郡山以来自分も大好きな曲「もらいあくび」で始まったライブは、路上でのギター弾き語りによるフレンドリーな雰囲気はそのままに、バンドを従えての演奏とあってとても楽しいパフォーマンスとなった。
楽しさのあまり、彼女の煽りに従って自分もこう叫んでいた。

『クソッタレー!』笑

また彼女のライブを聴きたい。
いや、lunienに出演して欲しい! 笑
しまった、彼女に見合うキャパを用意しないと! 大笑
と、妄想まで膨らんでいく程に楽しい時間を過ごした。

もらいあくび

『君が笑う つられて笑う
 ただそれだけで 何でもない
 毎日に光が差すよ』

中村千尋DSC_0041web.jpg



メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。