So-net無料ブログ作成
検索選択

松本の月

松本で月を楽しむ時間を持った。
松本の月IMG_1641web.jpg
写真は昨夜の月だけれど(笑)勿論今夜の月も美しかった。

ここ松本での仕事仲間と

『ゆっくり飲もう』

とは以前から話していた。
自分が音楽好きと知ると、彼は

『オフィスの近くにジャズバーがある』

と言う。
なんと嬉しい心遣い!

そして、それは今夜叶った。
その名も
MoonOverStreetClub-1413043688940web.jpg
静かな裏通り、床から天井まで一枚ガラスのファサードの手前には木が一本とはいえ植栽があり、元より静かな外界から店を隔てている。
現代的な店構え、20席程度の店内、オーセンティックなジャズバーの趣ではなくその意味では敷居は低い。
店に足を踏み入れた時にはライブの途中だった。
ピアニストとギターリストとのデュオによるスタンダードナンバーの演奏はなんとも心地好い音色だ。

こういう店で頼みたくなるのは、やはりスタンダードカクテル。
ミントジュレップとラスティーネイルは、どちらも勿論美味しく、仕事仲間とのお喋りも弾む。

大好きな曲ばかりの演奏の中でも嬉しかったのが、“Moon River”と店のテーマ曲だという“Fly Me to the Moon”
偶然が重なったとはいえ、粋な趣向に迎えられた気持だ。

一定期間で各地を転々とするこの仕事をしている中で、こうしてゆっくり夜を過ごす機会は少ない。
大好きな松本でこんな夜を過ごせたことが嬉しい。
松本担当は来週一杯の予定だ。
次の勤務地は今のところ決まっていない。
来週は休みを松本で過ごそうかと思っている。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

赤い月

『月が赤い夜は何処かで誰かが何かを企んでいるという』


せっかくの東京の夜、会いたい人がいたけれど、先日から嫌な咳が出る。
自分はいいとしても、大好きな人に風邪をうつしてしまうことは望んでいない。
ここは想いを呑み込んで。

幸い、というべきか、今夜は雲が少ない。
天文ショーを楽しみながら、手付かずだった作業をしながら過ごそうか。

月蝕IMG_1606web.jpg

黒沢綾さん「月が赤く染まるとき

『未来を愛せば、奇跡が微笑む
 ひとつ
 ふたつ
 眠りにつく前に』


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

パリコンサート決定

パリの記事の最後に

『きっとまた訪れる』

と書いたけれど、一年と置かずに叶いそうだ。
先日のヨーロッパメンバーで12月に都内でコンサートに出演することが既に決まっていたけれど、今日はその練習初日の為にメンバーが再結集した。
その場で来年計画されていたパリコンサートが正式に決まったことが発表された。
日程さえ合えば一週間程の滞在になるだろう。
今から楽しみだ。


しかし、先の話をする前に、先日のヨーロッパ旅行の肝心な「本番」についていい加減書かないと…

パリを後にして、ついに「現地」ハンブルグに入った。
以前ベルリンステージに立ったのがヴァルトビューネ、その名も「森の劇場」だっただけに、ドイツには森のイメージを持っているけれど、ハンブルク国際空港からホテルへの道中も高く伸びた街路樹が並ぶ緑の多い町だった。
メンバーの殆どが泊まる大型のシティーホテルからあぶれた自分が泊まったのは、パリのホテルにも劣らない雰囲気。
ハンブルグ1417454090934web.jpg

ハンブルグは本当に奇麗な町だ。
世界の都会、パリと比べてはいけないが、ベルリンに次ぐドイツ第二の都市ハンブルグは、思いの外、人通りが多くなく静かな町だ。
建築物もこのような伝統的なファサードが並び、落書きや路上のゴミもほとんど見られない。
東京の町が一つや二つ収まりそうな広大な公園があり、観光客を食い物にする輩もいない。
何とも過ごしやすく、自分好みの町だ。

しかしながら、この町でも青森の時と同じ思いを抱くことになる。
ハングルグもまた大戦時に大規模な空襲の被害に遭っている。
ヨーロッパの建築は石造りなので、町の骨格、基盤は残っていたとしても、今のこの町並みは戦後整備されたものということか。
この美しい町にも悲惨な歴史があったのだ。
この町に来て、この町で歌うことが出来て、本当に貴重な経験が出来たと思っている。

詳しい話は、また次回の記事で。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。