So-net無料ブログ作成

Season's Greetings! 2015

10月に開催した主催ライブに出演してくれたそよなほまれさんのクリスマスワンマンライブを訪れた。
浅草の駅から街へ出ると祭りの列に出迎えられた。
さすがは寺の町、クリスマスなんかどこ吹く風(笑)
そんな下町風情に熱くなりながらも、席を確保する為に会場へ急いだ(笑)

会場はオーセンティックなジャズバーの趣。
ニットワンピースでホワイトコーデの彼女が出迎えてくれた。
彼女の歌声に出会ったのは今年の春先。
思えば冬に彼女に会うのは今回が初めてだ。
外のお祭り騒ぎから一転、一気にクリスマスムードが高まった(笑)
ステージにはアップライトピアノにドラムセットがセッティングされていて更に昂る(笑)
当然、今夜のお伴は赤ワイン(大笑い)

ニットワンピース姿の彼女がステージに上がり、いよいよ始まった第1部はクリスマスソングを中心としたカバー曲で構成されていた。
前日に喉の調子を崩したと聞いていたけれど、すっかりいつもの綺麗な歌声を取り戻していた。
ミュージカルで培ったダンスを観るのは夏以来。
ワンマンライブとあって彼女の魅力が満載の演出が嬉しい。

2部の衣装はサンタコスチューム。
普段弾き語りで活動している彼女がバンドを率いて演奏するのもワンマンライブならでは。
クリスマスムードも更にゴージャスになっていく。

3部は彼女の真骨頂とも言える弾き語り。
とはいえ、艶やかなオフショルダードレス姿で、ここでも新たな魅力を見せてくれた。
彼女のオリジナル曲は何度聴いても心を洗う。
素直で綺麗な歌声と相まって自ずとその言葉が心に届く。

この日初お披露目となったクリスマスソングは、可愛らしいメロディーや華やかなピアノもさることながら、作詞に新たなアプローチを試みたことがうかがえて、失礼ながらわが子の成長のように嬉しかった。
この曲を聴く機会がしばらく無いのが残念だ。

そして、いつも彼女のライブで終曲を飾るのが彼女の代表曲。

カーネーション(赤)

『いつか二人の影が
 三つ四つへと増えますように』

インターバルの間、今年一年を振り返るスライドが映写された。
その中に自分の名前や先日の主催ライブでの写真が映し出されていた。
嬉しいとともに感慨深い。
彼女と知り合ったことがあの主催ライブ開催の大きな原動力になったことはここだけの秘密ということで(笑)

写真は会場にいたサンタクロース。
楽しい夜をありがとう。
サンタクロース20151220web.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。