So-net無料ブログ作成

花を歌う歌姫

鎌倉を訪れた。
ちょうと紫陽花のシーズン、「雨の鎌倉」とはいかなかったものの、ゆっくり久し振りの鎌倉を散策しようかと楽しみにしていた。
…が、果たしてそよなほまれさんが出演するライブの開場時間に合わせて到着することとなった。

彼女を知ったのはインターネットのライブ配信サイト。
歌う人の「部屋」をひととおり訪ねて回っていた時だった。
彼女の「部屋」を訪れた時、ちょうど彼女が歌っていた。
もうその刹那「これからずっと彼女の歌を聴き続けたい」と感じたのを覚えている。
落ち着いた声質で伸びがあり、柔らかなビブラートが心地よい。
また、音感も良く、男性の曲を歌っても低音で響きが抜けることがない。
スロー~ミディアムテンポの歌に合いそうな声質ながら、言葉も明瞭なのでアップテンポの曲も気持ちいい。

自作の曲を弾き語りで演奏する彼女だけれど、当時まだ大学生だった彼女は「歌手」として活動する足がかりの為に、そのサイト上のオーディションイベントに参加していて、オーディションを優先する為に自身のライブ活動は行っていなかった。
電波越し(笑)ディスプレイ越し(笑)で聴くだけでも彼女の歌声は素敵だけれど、一日も早く「直接」その歌声を聴ける日が来ることを切に願って、自分もそのイベントに懸ける彼女を応援していた。
そして、ようやく念願の日となった。

鎌倉モダンと勝手に呼びたくなるような綺麗なカフェ。
ライブ会場はその二階。
階段を上がると、偶然彼女が出迎えてくれた。
初対面だというのに、言葉を交わす前に彼女が自分に気付き、自然とお喋りが弾んだ。
明るさと気遣い、彼女の人となりもまた素晴らしい。

ステージには、木目を残した猫足のアップライトピアノが置かれていた。
それはこの店のを雰囲気にとてもマッチしていたし、また、彼女の歌にもよく似合う。
出演者三人の内、このピアノを弾いたのが彼女だけだったことが勿体無い。

果たして彼女の演奏は、勿論素敵なものだった。
インターネット配信を通して知っていた自作の曲。
いづれの曲も花の名前がタイトルに付けられている。
優しいメロディー、等身大の言葉。
柔らかくも芯のある歌声。
この店で頂いたカヴァとピンチョスの味も手伝って(笑)とても幸せな気持ちにさせてくれた。

いつものように、彼女の曲の歌詞を紹介したいところだけれど、未だメディアとしてリリースされていないので正確な表記が判らないのが残念。
とはいえ、彼女のライブに訪れる機会が続くので、本人から歌詞を貰おうかな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。